福岡で包茎手術・ペニス増大・長茎・早漏・STD性病・ED勃起不全治療

男性更年期治療

男性更年期(LOH症候群)

男性更年期(LOH症候群)はLate-Onset Hypogonadismの略で、その症状は様々です。
主な原因は男性ホルモンの低下により起こると考えられています。
身体の症状としては、倦怠感、筋力低下、疲れやすい、発汗などで、精神症状ではイライラや憂鬱になるなどの症状があります。男性ホルモン(テストステロン)の低下によりED(勃起不全)や性欲の減退などの症状もあります。
ご自身が男性更年期症状か分からない方はまずチェック項目を参考下さい。

男性更年期(LOH症候群)セルフチェック!

チェック項目は全部で17項目あり、それぞれ『ない』『軽い』『中程度』『重い』『非常に重い』の5段階で回答します。当てはまる答えをチェックしてください。

No 質問 なし 軽い 中程度 重い 非常に
重い
1 総合的に調子が思わしくない
(健康状態・本人の感じ方)
2 筋肉や関節の痛み
(腰痛・関節痛・手足の痛み・背中の痛み)
3 ひどい発汗
(思いがけず突然汗が出る。緊張や運動と関係なくほてる)
4 睡眠の悩み
(寝つきが悪い、ぐっすり眠れない、寝起きが早く疲れがとれない)
5 よく眠くなる、しばしば疲れを感じる
6 イライラする
(当り散らす、些細なことにすぐ腹を立てる、不機嫌になる)
7 神経質になった
(緊張しやすい、精神的に落ち着かない、じっとしていられない)
8 不安感(パニック状態になる)
9 身体の疲労や行動力の減退
(全般的な行動力の低下、活動の減少、余暇活動に興味がない、達成感がない、自分をせかさないと何もしない)
10 筋力の低下
11 憂鬱な気分
(落ち込み、悲しみ、涙もろい、意欲がわかない、気分のむら、無用感)
12 絶頂期は過ぎたと感じる
13 力尽きた、どん底にいると感じる
14 ひげの伸びが遅くなった
15 性的能力の衰え
16 早期勃起(朝立ち)の回数の減少
17 性欲の低下
(セックスが楽しくない、性交の欲求が起こらない)

どの程度のLOH症候群として判断できるか、点数の合計により確認します。

合計点

17点~26点=なし
27点~36点=軽度
37点~49点=中程度
50点以上=重度

男性更年期(LOH症候群)の主な症状

身体的な症状

全身倦怠感、関節痛、突然の発汗、ほてり感、肩こり、頻尿

精神的な症状

イライラ、うつ症状、不安感、集中力の低下 性格の変化

性機能の症状

性機能の低下、起床時の勃起消失・減退、明らかな勃起不全

グローミン(男性ホルモン軟膏)

福岡博多駅前通中央クリニックで人気の男性ホルモン軟膏です。
グローミンは塗布するタイプのホルモン補充材で、男性更年期障害治療に効果があると報告されています。使用法はとても簡単で朝晩1日2回、陰嚢または腹部に塗布します。症状が改善するようなら、早朝一回だけ塗布します。誰にも気づかれず、簡単に男性ホルモンを補充できます。

グローミン軟膏の特徴

  • 加齢にともなう男性ホルモンの分泌減を経皮吸収で補います。
  • 低用量なので、長期投与での安全性が期待できます。
  • 通院の必要が無いので時間のない方におすすめです。

治療費用

使用方法は朝晩1日2回適量を陰嚢または腹部に塗ります。

治療内容 備考 治療費(税別)
男性ホルモン注射 週1回または2週間に1回 2,000円(1本)
男性ホルモン注射 週1回または2週間に1回 3,000円(2本)
総合ホルモン検査 30,000円
男性ホルモン値 血液検査 10,500円
グローミン(1本) 朝晩1日2回塗布 4,500円
メールでの相談・カウンセリング予約
お電話での問い合わせ

所在地:福岡県福岡市博多区祇園町4−13 博多ゼネラルビル6階

PAGETOP
Copyright © 福岡博多駅前通中央クリニック All Rights Reserved.