福岡博多駅前通中央クリニックTOP > ED・勃起不全治療は福岡博多駅前通中央クリニック > Men's Beauty Salon > コラム > 包茎手術を受ける中高年が増えている!包茎でない人もなってしまう可能性がある

包茎手術を受ける中高年が増えている!包茎でない人もなってしまう可能性がある

01

年をとるのは嫌だといわれる方もいますが、年を重ねることでダンディな大人の色気が増して若い頃よりも魅力的になっていく方もおり、加齢をネガティブに考える必要はありません。

包茎手術はなんとなく若年層に多い悩みのイメージからか、大人の男性とは疎遠と思われがちですが、最近、包茎手術を受ける中高年の男性が増加しています。

中高年にみられる老人性包茎

中高年の男性が包茎手術を受ける理由や目的はさまざまです。

・もともと包茎だったが放置していた
・離婚して新しい彼女ができた
・将来、入院・手術や介護が必要になったときのため
・包茎ではなかったのだが、最近になって包茎のような状態になってきた
・性感染症のリスク、臭いや不快感の軽減

注目すべきは、中高年になってから包茎になったことが理由という人が意外に多く、この症状を「老人性包茎」と呼んでいます。

その「老人性包茎」のメインとなる原因は、加齢です。顔や身体の皮膚がたるむように、ペニスの包皮も例外ではありません。また、中高年になると健康診断の項目に入ってくる「メタボリックシンドローム」も、原因のひとつになります。

個人差はありますが、50代~60代以降になって発症することが多いようです。

介護されるときのことを考えて治したいという方も多い

02

包茎の方が介護を受けることになった場合、薄暗くして見られずにすませることができる性行為と違って、明るいところでまじまじと見られてしまうことが不安というデリケートな悩みが考えられます。

また、ペニスが埋没している状態の場合、尿をする際に男性用の尿瓶では用を足すことができないことはままあることです。その際、カテーテルやオムツ、女性用の尿瓶を使わされることもあり、かなりの精神的なダメージを受けてしまうこともあります。

老人性包茎の原因

加齢による身体や身体機能の低下による影響は、特定の部位だけ老化を避けられるというものではありませんので、当然のごとくペニスやそれを取り巻く包皮や筋肉なども影響を受けます。

その老化現象のひとつである「老人性包茎」は、加齢によって細胞が委縮して皮膚がたるむ、筋肉の質や量の低下、基礎代謝が低下することで太るなどの影響を受けた結果おこる症状です。

加齢による影響には生活習慣など個人差が顕著なため、早い人は40才台で出てくる人もいます。

加齢による包皮のたるみ

もともとは包茎でなかった人でも、加齢にともない皮膚がたるんでしまい、包皮の中にペニスが埋まってしまう状態になります。仮性包茎と似てはいますが少し違う症状です。

メタボによる埋没包茎

加齢による基礎代謝の低下や生活習慣などにより、下腹部の脂肪が増えて、ポッコリと出てきたお腹の中にペニスが埋没してしまう包茎です。

老人性包茎の治療

老人性包茎の治療・手術方法は、仮性包茎・真性包茎・カントン包茎とは異なることが多く、余剰な包皮の切除というよりは、体外にペニスを露出させることに主眼を置いていることがほとんどです。

長茎術

老人性包茎や埋没包茎(陰茎)は、包茎に分類されてはいますが、包茎であって包茎でないと考えられており、その症状の方に適した手術方法は、包茎手術ではなく長茎手術になります。

その理由は、加齢による皮膚や筋力の低下によりペニスが見えなくなるくらい埋もれてしまっている状態、ペニスの細胞が委縮してしまい結果として体内にペニスが埋もれてしまっている状態なので、埋没した部分以上にペニスを露出させる方法を考える方が自然だからです。

もともと包茎でない人も包茎になる可能性は十分ある

老人性とはいいますが、最近の60代70代の方々はその年齢には到底見えないような、外見も内面もまだまだ現役バリバリの元気な人もいます。

しかし老人性包茎は、60代以降の男性の5人に1人がなっているというデータもあるくらい誰にでも起こりうる可能性がある症状です。なんと、80代以上になると2人に1人以上の確率というから、決して恥ずかしいことではありません。

しかし、それまで立派なペニスが自慢だった方からしてみれば、その光景に目をつぶりたくなることでしょう。そんなときは、あきらめたりせず治療方法があることを思い出してください。

おわりに

ときの流れを止めることはできませんが、身体が老化するスピードは、生活習慣を見直すなどの日々の努力次第で遅らせることができます。

歩いたり、ストレッチをしたりするなど運動を習慣化する、質の良い十分な睡眠をとる、一汁三菜などバランスのとれた食生活を心掛ける、ストレスをためないなど、健康的な生活を心掛けることで、ホルモンや自律神経が活性化され基礎代謝も上がり、正常な体型、身体の機能を維持することができるため、老人性包茎のリスクはかなり減ります。

90代であっても運動や鍛えることで、筋力が復活するというデータもあるので、希望は捨てないようにしましょう。日頃から自己管理をして、人間的にも男性的にも健康でイキイキとした毎日を過ごしたいですね。


この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

 2017-08-28

涼しい秋は絶好の脱毛スタート時期!?男が医療脱毛したほうが5個の理由について解説!

脱毛をすることが女性の間では当たり前となった今、彼女のすすめや、見た目のイメージアップのために脱毛に通う男性が急増しています。特に、秋は脱毛をスタートするのに最・・・続きを読む

 2017-12-06

湯シャンでフケも抜け毛も激減?!頭皮環境が変わる湯シャンの方法を徹底解説!

湯シャンは、フケや抜け毛が気になる頭皮環境の改善に効果があると話題になったことから、実践する人が急増しています。しかし、すべての人に湯シャンが有効であるわけでは・・・続きを読む

 2017-04-07

わきがの臭いは仕事にも悪影響?!わきが治療で男を上げろ!

“わきが”なんて他人事だと思っていませんか?しかし、わきがや自分の体臭は、自分では気づいていないことが多く、それによるデメリットは深刻な問題といえます。人間の五・・・続きを読む

2017-05-30

フラれる原因は剛毛もじゃもじゃチン毛?!女性ウケ抜群の股間は医療脱毛で手に入れる!

女性は男性以上にムダ毛に対して嫌悪感を抱いています。 彼女たちのいい香りのするスベスベやわらか素肌に剛毛なムダ毛が無いのを見ても明らかです。これは、はえな・・・続きを読む

Copyright © Men's Beauty Salon. All rights reserved.

無料カウンセリング申し込みはこちら